グルメマッチョなノアクロのグルメブログ

グルメが太ってる時代はもう終わり。食べ歩いたお店の紹介を、日記風にしています。暇つぶしにでもどぞどぞ。また、役立つ知識なんかも投稿できたらなーって思ってます。よろしくお願いします。基本的にラーメン屋さんが多いと思います。

東京のインスタ映えラーメン筆頭!鴨ロースが美しい、贅沢鴨ロース醤油らーめん!

最近チョコチョコ増えている鴨を使ったラーメン屋さん。
トッピングにしてみたり、出汁につかったり、様々なお店が様々な工夫で鴨をラーメンへと昇華させています。



21時頃。
千歳船橋に野暮用があり、朝から晩までくたくたになるまで動いていて私は、たまたまMAIKAGURAさんのお店の前を通る。


美味しそうだなーとおもむろに食べログを開く。するとかなりの高評価。


閉店も22時でお客さんはゼロ。
いくしかないとヘロヘロの体を引きずりながら店内へ。



店内はカウンター9席のみ。


店内はけっこう狭いですが、閉鎖感はあまりありません。
カウンターバーのような絶妙な居心地の良さがあります。(行ったことないですけど)



こちらのお店ではどうやらトリュフオイルを使った鶏白湯と鴨肉のロースが乗った醤油ラーメンが人気のよう。

かなり迷いましたが、ボロボロの体にはあっさり醤油かなーと贅沢鴨ロース醤油らーめんをチョイス。


待つこと5分ほど。
らーめんが目の前に現れた瞬間思わず
おーー、、、
っと謎の歓声を上げてしまいました。


・贅沢鴨ロースの醤油らーめん 1100円



鴨ロースが油でテカテカと光っています。
今にも食べて欲しそうな顔でこっちをみてますが、我慢をしてスープを一口、、



うっほぉ、、、
うっまい、、、


醤油のキリッとした旨味と鶏の出汁が上手く溶け込んでいます。
優しいスープではありますが、決して物足りなさは無くレンゲが止まらなくなるやつです。


また恐らく出汁をとっているわけではないと思うのですが、じんわり鴨旨味が後から追いかけてきます。

恐らく上に乗っている鴨ロースからでた油が溶け込んでいる模様。



嬉しい大誤算。
スープがどんどん美味しくなっていきます。


そして綺麗なピンク色をした鴨ロース。
これが本当に美味しかった。
ジューシーな鴨肉は鴨の嫌な臭みが全くなく、じゅわーっと旨味だけが閉じ込められています。

鴨肉はけっこう淡白で脂身の少ないイメージ。
良くも悪くもあっさりした印象ですが、この鴨肉は刺しががっつり入ったロース肉のような旨味と食べやすさを感じさせます。


正直これだけで1100円いくんじゃ、、、
ってレベル。もっとかもしらん。

これが贅沢にも4枚。
最高ですねこれは。



麺ももちろん美味しい。
こういう鶏醤油系の定番、細パツ麺です。


最後は鴨の旨味が凝縮したスープを飲んでフィニッシュ。



ということで、今回はらーめんMAIKAGURAさんにお邪魔しました。


正直ラーメン屋のレベルを超えた鴨ロース。
鴨肉好きな人はホント食べてほしいですね。
次回は白トリュフの鶏白湯いただきたいと思います!


それではごちそう様でした!