ノアクロのグルメブログ

食べ歩いたお店の紹介を、日記風にしています。暇つぶしにでもどぞどぞ。また、役立つ知識なんかも投稿できたらなーって思ってます。よろしくお願いします。基本的にラーメン屋さんが多いと思います。

【No.105 Uber eats利用にオススメ!】野菜をたっぷり補給。そして激ウマのスパイシーカレー。

野菜を食べなければ。 ふと自転車をコギコギしながら思い立つ。 新宿御苑で今年最後になるだろう桜の勇姿を見届けた私は、突如代々木駅辺りでミネラルの警告を受けた。 私事ではあるが、先日ノロウィルスに感染。 感染してから3日ほど、まじでなんも食べれず…

【No.104 恵比寿駅 恵比寿焼肉 KINTAN】焼肉デートに最適。高コスパな焼肉ランチは至福の一言。

一人焼肉。 一人〇〇中では最上位の難易度に指定されているものであり、現在市民権を得出している一人カラオケとはえらい違いである。 一人焼肉専門店みたいなのが、四条にできていて全然流行っていなかったが、まだあのお店は息をしているのだろうか。 ちな…

【No.103 恵比寿 魚竹 海鮮丼】豪華絢爛。コスパが暴力的な海鮮丼を恵比寿でゆったり。

流れる時間は本当に皆平等なのだろうか。恵比寿の街を歩く私は、どこか他の街とは違う時間が流れていると感じる。ゆったりと流れる川を眺めながら人のまばらな道を進む。 恵比寿は駅周辺こそ人が多いが、少し路地に入ると、人通りは途端に少なくなる。渋谷や…

【No.102 曙橋 麺庵ちとせ 醤油チャーシュー】旨すぎて再三のリピート。いつ行っても旨い。まじで旨い。

スーパー晴天ラーメン日和。 先日の大雪が嘘のように、本日は晴天なり。 私には全く関係のないメモリアルなホワイトデーは終わり、今日も新しい一日が始まる。 どうでもいいのだが、ホワイトデーの当日に自転車漕いでたら前からイチャイチャしたカップルが歩…

【No.101 西台 寿製麺 よしかわ 西台駅前店】イワシの衝撃!完成度の高い醤油煮干しと絶品イワシ丼!

晴天にして晴天。近頃の暗いニュースのせいで、外の景色もどこかどんより灰色かがったイメージを植え付けられている。 東京では桜の開花日とともに季節外れの大雪。 まさに桜吹雪が降り頻ったその日は3月の14日。男性が女性にチョコレートのお返しをする日、…

【No.100志村坂上 中華ソバ 伊吹 中華そば】煮干しの聖地で貫禄の中華ソバを頂く。

都営地下鉄三田線。 自然と下町とが混在した風景を眺めながら電車に揺られる。 私は電車の外の景色が好きだ。 窓を一つ隔てた外の世界は、普段の生活で当たり前の景色でありながら、どこか異国の風景のようにも感じられる。 東京ではあまり見ないバッティン…

【No.99 赤羽 麺処 夏海 手揉みの醤油ラーメン】名店ほん田の味を手軽に。味は本物。チャーシューが最高。

私は辟易としていた。東十条に降り立ち、今回の目的のお店、麺処ほん田さんに向かう。 だが、お店の前に来るとゾッとした。 このコロナだなんだ言われているご時世に60人くらい並んでいる。 正直引いた。 いや、文句があるなら並ばなければ良い話なので結果…

【No.98 十条 煮干そば 流。アブラ煮干しそば】円やかな煮干しスープは必食の一杯。路地裏にある人気煮干しラーメン。

新しい土地に降り立つことは至極の楽しみである。 十条。我が地元の京都にも同じ地名の町があるが、今回は東京版十条。 駅からでると人通りが穏やかな下町感溢れる駅のロータリーはもっぱら私好みである。 この十条、東十条あたりにはグルメなお店が密集して…

【No.97 一乗寺 天下一品 総本店 牛すじキムチラーメン】天下一品という食べ物。唯一無二のこってりラーメン総本山へ。

天下一品。この世で比べるものがないほど優れた品のことを指す四字熟語だが 現在この「天下一品」という言葉は四字熟語の意味としてではなく、「ラーメン屋さんの名前」としての方が、私達には馴染み深い言葉ではないだろうか。 今回訪れたのは一乗寺。 京都…

【No.96 山城青谷 俺のラーメン あっぱれ屋 濁とろ塩チャーシューメン】レジェンドの一杯。それは私の原点にして、私の憩いの場。

天晴れ。 一般的に物事を賞賛する言葉であり、ほとんどの人が知っている言葉であるが、ほとんどの人が一般生活で使うことのない、なかやか珍しいタイプの言葉である。 語源としては天が晴れる。あまがはれる、という縁起の良い言葉が派生して賞賛する言葉に…

【No.95 東京駅 ソラノイロ ニッポン ベジソバ】ベジソバという新しいジャンル。罪悪感を感じない、野菜の純な旨味を実感。

空の色は晴れやかに。美しい青空は底抜けに青い。白い雲もない。ステキな空の色。 私は東京駅にいた。 自分的には割と早めの新幹線に乗るため、割と早めに東京駅についた。なんでも東京駅のラーメンストリートには朝ラーを導入しているお店があるらしく、ま…

【No.94 保土ヶ谷 櫻井中華そば店 特製中華そば】 寒い時こそ旨いラーメンが体に染みる。

寒い。とにかく寒い。 玄関から外の世界に飛び出した私は誰が見てるわけでもないが小さく身震いをした。 本日は晴天、お日柄も良く、空は一面の青。 ようやく暖かくなってきたかしら?と思って外気に触れた瞬間絶望した。 あまりの寒さに一度中の世界に戻り…

【No.93 渋谷 穀雨 ワンタン麺】女性にもオススメなあっさりラーメンはワンタンと揚げネギが魅力的!

穀雨。 穀雨とは。二十四節季の一つである。 季節を24等分に分けた内の一つであり、穀雨の終わりには八十八夜が訪れる。 この八、十、八の字を合わせると「米」になることから農作業に縁起の良い日とされている。 (https://boxil.jp/beyond/a5569/さんから…

【No.92 水道橋 勝本 特製中華そば】シンプルに旨い。気をてらわず、ただただ純粋に。

私は眼を閉じていた。 荘厳なパイプオルガンの音が教会に鳴り響く。 私は今教会の椅子に座ってぼーっと眼を閉じる。 教会の中には私以外誰もいない。 いや、パイプオルガンを引く神父さんを数えるならば、教会におっさんが二人っきりの状況である。 なんで教…

【No.91神保町 神保町 黒須 特製醤油蕎麦】絶品ラーメンなのに並ばない。素晴らしい。

私は急いでいた。神保町。 地下の改札から地上に出るために階段を登る。 昔ながらの古本屋と高層ビルが入り混じるこの神保町の街並みは、いつも私をなんとも不思議な気持ちにさせる。 そんな街並みを堪能しながら私は、今日の目的のお店【神保町 黒須】さん…

【No.90 新宿 CAFE AALIYA フレンチトースト】甘い誘惑に誘われて、至福のフレンチトースト。

私はカフェ巡りが好きだ。 コーヒーの香り、落ち着いた空間、甘いデザート。 カフェは、都会の喧騒を一時の間、忘れさせてくれる。 元々カフェ巡りにハマったのは、カフェで本を読んでいる人ってかっこいいんじゃないか? という完全に邪な気持ちからスター…

【至高の一杯】旨い以外の言葉がみつからない。語彙力を破壊する最高のラーメン。『麺庵 ちとせ』

新宿の街は今日も雨。 日曜日。久々の休みの日は生憎の雨。 元来、出不精の私は休みの日になると意図的に外に出かけるようにしている。 そうしないと私はテレビのディスプレイの前でコントローラーを握りしめて1日を終えることになるからだ。 雨の日はどうし…

【大行列のその先に、、、】渋谷の超人気ラーメン店「はやし」さんの行列に引いた話。

渋谷という街は本当に迷路。 どんなに行きたいところがあろうとも必ずハチ公前にでてしまう、という現象は東京七不思議の一つとして広く認知されている。 そんなアホみたいなことをハチ公像の前で考える。 今回目的のお店は「はやし」さんというラーメン屋。…

【エモエモのエモ】エモい町でエモいラーメン食べたらエモいに決まってる。

下町という言葉がこれほど似合う街があるだろうか。 場所は荻窪。 JRと東京メトロがはしるアクセスの良さに加えて下町情緒のある落ち着いた街並みは、「西の鎌倉東の荻窪」と称された別荘地でもあったそう。 現在は別荘とは言えないかもしれないが住む街とし…

【カフェで30人待ち?まじ?】二子玉川の人気カフェで変わったカレーをいただいてみた。

私は待っていた。日曜日の昼下がり。スタバでホットコーヒーにチョコムースが入った準新作みたいなメニューをいただきながら謎解きの本を眺めながら頭を抱えていた。というのも ひとしきり用事を済ませカフェで一服しようと思った私。 今日の狙いは人気カフ…

【全国4位のラーメン!】軍鶏の旨味がじんわり広がる絶品醤油ラーメン!

軍鶏。 なんでこれで「シャモ」って読むのか。 昔の人の当て字のセンスを疑う。 キラキラネームはもしかしたらかなり昔からあったのかもしれない。 しかし、軍鶏の歴史を調べるとこのキラキラネームの由縁がわかる。元々軍鶏はタイから伝来したもので、その…

【一度挫けた男】どうしても伝えたい!【迂直】さんのつけ麺は最高だということを!

刻を戻そう。昨年のM-1グランプリで活躍したぺこぱさんのネタの一部を抜粋。 というのも今回の【迂直】さんの記事。 操作ミスで全部消えました。笑 なので一度書いた1600字ほどの文章をもう一度書くことになります。 残念ながら私にはぺこぱさんのような刻を…

【安くて美味しいお得な焼肉ランチ】二子玉川の超オススメ焼肉ランチを堪能してきた。

ふと思うことがある。もしかして焼肉ランチって最強の健康食なのでは? 牛肉、豚肉、はタンパク源として優秀だし、焼肉ランチには大抵、サラダ、キムチ、ご飯がついてくる。 サラダは言わずもがな、健康に良いのももちろんだが焼肉屋のサラダは味付けが濃く…

【大山どりとポルチーニ茸】人気系列店の確かな味を活かした塩ラーメンは絶品の一言!

【二子新地】 二子玉川駅から多摩川を渡るとそこは二子新地。二子玉川から二子新地まで直線距離にしておよそ800m。 ですが二子玉川は東京。 そして二子新地は神奈川。 玉川通りの二子橋を徒歩で渡った私は人生で初めて県境を歩いて渡るという貴重な体験をし…

【ロブスターラーメン】渋谷で濃厚なロブスターの旨味を味わえる贅沢なラーメンを食べてきた。

【ロブスター】 ロブスターは、海老類で最大級の大きさを誇り、西洋料理では高級食材として扱わられる海老である。 料理ではオマール海老とも呼ばれるらしく、ロブスターとオマール海老は完全に別物だとおもっていた私は少し驚いてしまった。 今回はそんなロ…

【極上鶏白湯】7種類の鶏から出した極上鶏白湯スープは絶品!「オニソバフジヤプレミアム」

今回はオニソバフジヤプレミアムさんの限定極上鶏白湯を頂きたいと思います!お店は渋谷のバスケットボールストリート(セントラル街)の道沿い。ラーメン屋さんが密集しているビル(よく呼び込みしてる)の3階にあります。本店の鬼そば藤谷さんは5階です。 …

【これで三日坊主を卒業!誰でも簡単にできる筋トレ習慣化のテクニック!】年間外食200軒以上の男がなぜ健康でいられるのか?第一弾

【三日坊主】 何かを始めても続けることができずにすぐにやめてしまうことを指す言葉。 語源は、昔、お坊さんになろうとした人が厳しい修行と質素なご飯に耐えられずに三日でやめてしまったことからきてるらしいですね。 現代では主に勉強やダイエット、そし…

【早い!旨い!安い!】食べログTOKYO百名店なのに並ばなくて良い最高のお店を発見したのでご紹介します。

【三鷹】 なんとも言えないカッコよさをはらんだ三鷹という地名。 由来を調べてみると 三鷹の名は、かつて徳川将軍家および御三家が鷹狩を行った鷹場の村々が集まっていたことと、世田谷領・府中領・野方領にまたがっていたことに由来する(三領の鷹場)とい…

【30人の大行列!!】住宅街に突如現れた行列の先にある絶品醤油ラーメンとは

悴む 突然ですがこちらの漢字はなんと読むでしょうか?正解は「かじかむ」と読みます。寒くてよくなるあれですね。ちなみに、こちらの漢字【悴】一文字で「せがれ」と読み、息子をへり下った呼び方になります。この文字自体の意味も、貧相な、また取るに足り…

ラーメン初心者の方必見のハズレない美味しい清湯醤油ラーメンのお店!【麺や 維新】

「維新」 この言葉は今までの事柄が新しくなることを指すらしい。維新、革命、改革、変革。この言葉の違いを正確に答えられる人はいるだろうか。無論、私はできない。なのでこの話は一旦置いてラーメンでも食べにいこうではないか。 ということで今回は目黒…